« 会社のお仕事:Edit SCREEN 秋 | ホーム | Ferrania Solarisフィルム »

2008年10月 7日

Canon DIAL35

20080911.jpg


1963年発売のハーフサイズカメラ。

通常のハーフサイズカメラは普通に横に構えると縦長の画面になるんですけど、
フィルムを縦送りにすることで横位置の画面にしたのがこの DIAL35 。

名称は、露出計用のCdS受光部の形が電話機のダイアルに似ているところから名付けられたもの。

学生してるときから気になってたんですが、
高額で手が出せなかったと記憶してます。

いまは落ち着いてるらしく?
ヤフオクで安価で出るのを待っていたところ
運良く状態がよさそうなのを奇跡的に安価で競り落とせました。


現在、フィルムを充填して試写中ですが、
ハーフサイズなので、撮り終えるまでに時間がかかってしょうがない。


つーか。ちゃんと撮れてるのかどうか怪しい。。


つーか。露出計壊れてるなたぶん。。


使い方まちがえてるのかな??


いや、このボタンの少なさで使い方間違えてるとかはないよな。


うん。ないはず。


撮影した写真の具合は後日レポートします。
撮れてたら。撮れてたら。。

コメント(3)

僕のはだめでしたよ...フィルム巻き上げもちゃんとしなかったし、最後の巻き戻しも全然だめでした...やれやれ。

おおおお渋いの買ったねえー
レポート楽しみにしてます!

@うさん
巻き上げもよくわかんないんですけど、
シャッター押した時の巻き上げと下のハンドルを回した時の巻き上げの違いがよくわかんないんですよ。。
最後の巻き上げも手動で回して戻してるんですが、これってあってますかね??
正しい動作がわかんないんです。。
今度お会いする時に持っていくようにします。
相談させてくださいまし。

@よざめん
いいでしょ。かわいいよ。
フィルムなんで、めんどくさいけど。
それ以上にかわいいわぁーこれ。
撮れてるかしんないけど。
撮れてるかしんないけど。。

カテゴリ

月別 アーカイブ

ウェブページ

このブログ記事について

このページは、Kouhei Yamamotoが2008年10月 7日 03:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「会社のお仕事:Edit SCREEN 秋」です。

次のブログ記事は「Ferrania Solarisフィルム」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。